安く引っ越しする秘訣は、複数の業者にまとめてお見積り!

引越し業者を探すとき、複数の業者様に1社1社見積もり依頼をしていませんか?
大変な時間と労力がかかったり、業者様の営業に押されて仕方なく契約してしまう・・・なんて場合もあるでしょう。

「そうはなりたくない!」「でも、安く引っ越ししたい!」
そんな方のために、このサイトからのお見積りでは最大10社からのお見積りを簡単にすることができます。
1~2社から電話が来ることもありますが、そんなときは「他社ではこの金額でできるようですが、御社では可能でしょうか?」と交渉してみてください。
お願いしたい業者に、お願いしたい価格で依頼するチャンスです。
是非お試しくださいね!

【引越し先が決まったら、やることがたくさん!】
「何からはじめていいのかわからない!」方、大丈夫です!
このサイトには、必要な情報がすべて掲載されています。

下記の手順に沿って、業者選びなど様々な手続きを行いましょう。

1.引越し業者を決める
 (このサイトからお見積りすると、最大[50%OFF]でお見積りいただけます)

2.現在お住まいの解約手続き
 (賃貸・電話・インターネット・ガス・水道・スカパー・定期購読など・・・)

3.処分するものは処分しましょう
 (大きなもので特に使う予定が明確になっていないものは、この機会に処分してしまってはどうでしょう。古いタンスなど)

4.買い換えるものはリストを作成しましょう
 (家具家電など、引っ越し先の寸法にあわせることもお忘れなく)

5.引越し前の届け出その1
 (市区町村役場への手続き)

6. 引越し前の届け出その2
 (その他の手続き)

7.荷物の梱包
 (業者とトラブルにならないように容量や個数のチェックを行いましょう)

8.引越し後の手続き
 (市区町村役場・陸運支局)

【全国のおすすめ引越し業者に見積&予約依頼ができる】

安く引っ越しをしたい・・・。でも、引越し業者探し大変ですよね。
地方の方は、業者の数が少ないですから特に大変です。

そこで株式会社TPOでは、画期的なな引越し見積もりサイトを開設いたしました。
参加されているすべての引越し業者さんが「単身引越し」「家族引越し」「家具配送・家電配送」など、
各社独自の引越し見積もり方法と料金を事前に登録してあります。
そのデータを利用するので、お客様は「市町村と荷物量を入れるだけ」で引越し見積もりをすることが可能です!

あとは、一覧表示された中から最大3社に【予約希望のための正式見積もり依頼】をするだけです。
折り返しご希望の業者だけが連絡差し上げますので、そのまま予約 or 事前に詳細な訪問見積もりをしてもらうかの相談ができます。

自動見積料金から予約が取れるので、簡単・便利で安心!
ご希望に沿った引越し業者を見つけることができるでしょう。

「何社にも問い合わせの電話・メールをしなければならない。」「問い合わせするとしつこい営業電話が来る。」
一括問い合わせなら、そんな面倒な手間が発生しません。

「一括見積もりしても安い業者は見つからない。」「一括見積もりしても電話メール連絡で即料金がわからない。」
自動見積料金が提示されるので、業者の得意分野に合った格安見積もりを見つけることができます。
さらに、そのまま予約をするのでなく、気になった業者だけに訪問見積もりを依頼することも可能です。

【引越しに必要な準備】

●時期によって値段が変わる?
日どりが大切といっても、大安を選びましょうというお話ではありません。
実は、引越しの需要が低くなる「平日」「日曜の午後」「仏滅の日」を選んだり、
進学や就職などでの移動が集中する繁忙期(2月~4月)を避けることで料金が下がる事があるのです。
日どりの調整が可能であれば、業者さんに問い合わせた上で少しでも得する引越しを目指しましょう!
スタッフさんも繁忙期より余裕のある状態の方が、心なしか丁寧に、気持ちよく仕事をしてくれるかもしれません。

●荷造りに必要な品物とは?

私の引っ越し経験から、必要と思われるものをリストアップしてみました。

・段ボール
業者によっては無料サービスのある場合もありますが、購入が必要になる場合は大量になる為、結構なお金がかかってしまいます。
コンビニやスーパーの段ボールを分けてもらって利用するのがお得です。
大きさも、いれるものによって大・小2種類を用意しておくとよいですね。
業者によって無料サービスの枚数に差があるので、事前に確認しましょう。

・緩衝材
エアパッキンがあれば利用しますが、なければわざわざ購入する必要はありません。
新聞紙で充分です。

・ガムテープ
紙テープのほうが安いですが、重ね貼りができません。
また、直接貼って、あとではがして使う物には、跡が残らない布テープの方がよいでしょう。

・セロテープ・ビニールテープ
配線をまとめたり、接続が分からなくならないように印を付ける時にも使えます。

・油性ペン
荷ほどきの時に分かるように、段ボールに中身を書いておきましょう。
重ねていても分かるよう、側面に書くのをお忘れなく!

・カッター・はさみ・ビニール製のひも
作業中何かと必要です。最後に梱包しましょう。

・ビニール袋、ラップ、輪ゴム
液体の入ったびんなどを梱包する際に必要です。

・工具
ベッドやラックなどを展開して運ぶ場合に必要です。
展開の必要性については、家具のサイズとドアの幅で事前確認しておきましょう。

・掃除用具
家具の移動後は、予想以上に汚れています。
簡単なものでいいので、掃除道具一式は梱包せず最後に残しておきましょう。
ほこりの心配もあるので、作業中はマスクをする事をお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ